利回りの高さが強みです|宅配で外貨両替が可能|行きたい場所に一っ飛び

宅配で外貨両替が可能|行きたい場所に一っ飛び

利回りの高さが強みです

硬貨

資産運用をするのであれば、上場不動産投資信託がお勧めです。毎月少しずつ購入していきましょう。上場不動産投資信託には購入時期の分散が非常に有効です。なぜならば、理由は2つあります。1つが上場不動産投資信託は投資口価格が一本調子に上がっていくことなく、ある程度のボックス圏で上下するということです。投資口価格が一本調子で上昇していく場合には、早めに購入した方が大きな利益を得られます。しかし、ボックス圏内で動く場合には、いつがボックス圏のピークで、どこがボックス圏の底なのかはわかりません。しかし、必ず上昇から下落に転じる時があり、逆に下落から上昇に転じる時も来ます。購入時期を分けておくことで、取得価格が平準化されていきます。

そして、2つ目の理由が分配金利回りが比較的高いということです。収益性が高いからこそ、じっくりと、そしてずっと購入していくことができるのです。上場不動産投資信託は主な収入が家賃です。賃貸借期間中であれば、収入は安定しています。つまり、比較的高い分配金利回りが継続しているということです。この場合、いつやってくるかわからない投資口価格の下落を待っているよりも、早めに保有している方がトータルの収益は多くなる可能性が高いです。上場不動産投資信託の平均分配金利回りは4%前後なので、下落相場を2年待ち続けたとすると8%前後の分配金をロスしたことになります。仮に投資口価格が下がっても、ある程度の損失は、分配金でカバーできる一方で、逆に投資口価格が上昇する可能性にも賭けられるわけです。